キャッシングの審査について

キャッシングの審査というのはそれぞれ審査基準が違います。
なので、審査が甘いとか厳しいとか感じ方も人それぞれになります。

キャッシングの審査するもっとも重要な部分は他社からの借り入れと収入のバランス。
このバランスで収入に対して借り入れが多すぎると判断されると審査が通らなくなってしまいます。

消費者金融や銀行からすれば一番都合が悪いのは貸したお金が回収できないことですから、これは当然と言えば当然です。

これを独自の審査基準を作って審査し、お金を貸すことができるかできないか判断しています。

もちろん年収の3分の1以上の借り入れがある場合は、総量規制という法律で自動的に消費者金融からのキャッシングはすることができないのでここも注意しておきたいところです。

ただ、総量規制にひっかかっていても「銀行」には適用されないので銀行系のカードローンに申し込むという手もあります。

またキャッシングの審査で重要なのは正直に申告するということ。総量規制にひっかかるからと言って、今まで借り入れている額を少なく申告したり、収入の額を多く書いても嘘を書いても、こういった金融機関に隠し通すことはできません。

それどころか悪い印象を与えるので、バレたら確実に審査に落ちることになります。

特に他社からの借り入れというのは情報を管理している機関があるので、すぐに分かってしまうので気をつけてください。隠すつもりがなくても記入漏れしてしまったら印象は最悪です。

ほかにもキャッシングの審査では、通称「在確」というものがあります。

これはあなたが書いた職場や住所に嘘がないか調べることです。これもさりげなく会社や自宅などに個人名などで電話がかかってきます。キャッシングしていると知られたくない場合はクレジットカードの在確だとか言い訳するのもありですね。

最近ではネット完結というキャッシングも増えて、実際に店舗に行く必要なしでキャッシングできるようになってきて便利になってきましたね。キャッシングの審査も知っていればそこまで怖くはないはずです。ぜひキャッシングの審査の知識を得てください。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.15-ja

最近のブログ記事